イギリス留学&オーストラリア留学 : サマースクール,ホームステイ,親子留学,キッズ&小学生留学,中学高校留学,シニア留学,プチ留学,格安留学,留学ブログ&体験談

イギリス留学&オーストラリア留学 EIGOmateのホーム

オーストラリア&イギリス留学を格安に!海外体験談や留学ブログも充実

RCA海外留学アドバイザーの資格保持者が手続き方法や進路、海外生活をアドバイス
イギリス留学の相談:ブリティッシュ・カウンシル公式資格取得カウンセラーの留学アドバイス
オーストラリア留学の相談:オーストラリア教育資格システム(AQF)公式認可 
EATC認定留学カウンセラー QEAC番号:D026の留学アドバイス
留学のご相談はお気軽に!
:: 格安留学!費用のお見積もり ::

留学サポート:イギリス オーストラリア 海外 イギリス(英国)留学:語学 親子 ジュニア 中学高校 プチ シニア オーストラリア留学:海外 語学 親子 小学生 中学高校 シニア 格安留学:費用 安く 節約 サイト運営組織EIGOmateについての情報
オーストラリア留学:シドニー、メルボルン、パース、ブリスベン、アデレード、ゴールドコースト、ケアンズ、タスマニア

 オーストラリア留学:ジュニア留学・親子留学・語学留学・TAFE専門学校留学・大学留学 オーストラリア留学総合

 オーストラリア留学:ジュニア留学・親子留学・語学留学・TAFE専門学校留学・大学留学 豪州おすすめ留学特集

 オーストラリア留学:ジュニア留学・親子留学・語学留学・TAFE専門学校留学・大学留学 豪州目的別プログラム

 オーストラリア留学:ジュニア留学・親子留学・語学留学・TAFE専門学校留学・大学留学 オーストラリア留学校

 オーストラリア留学:ジュニア留学・親子留学・語学留学・TAFE専門学校留学・大学留学 豪州ジュニア留学校

 オーストラリア留学:ジュニア留学・親子留学・語学留学・TAFE専門学校留学・大学留学 豪都市別スタディ情報

 オーストラリア留学:ジュニア留学・親子留学・語学留学・TAFE専門学校留学・大学留学 オーストラリア体験談

 

 オーストラリア留学:ジュニア留学・親子留学・語学留学・TAFE専門学校留学・大学留学 オーストラリア国データ

 オーストラリア留学:ジュニア留学・親子留学・語学留学・TAFE専門学校留学・大学留学 オーストラリア地域概要

 オーストラリア留学:ジュニア留学・親子留学・語学留学・TAFE専門学校留学・大学留学 オーストラリア教育制度

 オーストラリア留学:ジュニア留学・親子留学・語学留学・TAFE専門学校留学・大学留学 オーストラリア生活情報

 オーストラリア留学:ジュニア留学・親子留学・語学留学・TAFE専門学校留学・大学留学 オーストラリア渡航ビザ

 オーストラリア留学:ジュニア留学・親子留学・語学留学・TAFE専門学校留学・大学留学 豪州留学お役立ちリンク

 

 オーストラリア留学:ジュニア留学・親子留学・語学留学・TAFE専門学校留学・大学留学 オーストラリア留学相談

 オーストラリア留学:ジュニア留学・親子留学・語学留学・TAFE専門学校留学・大学留学 オーストラリア留学申込

 

 オーストラリア留学:ジュニア留学・親子留学・語学留学・TAFE専門学校留学・大学留学 サイトマップ

 オーストラリア留学:ジュニア留学・親子留学・語学留学・TAFE専門学校留学・大学留学 EIGOmate留学HOME

EIGOmate留学HOME < オーストラリア留学の総合情報 < オーストラリア渡航ビザ

ETAS 学生ビザ ワーキングホリデービザ などのオーストラリア留学に必要な渡航ビザ情報

オーストラリアの渡航ビザについて
(ETAS・学生ビザ・ガーディアンビザ・ワーホリビザ・労働&永住ビザ)

オーストラリアでは、インターネットで有効なクレジットカードと残存期間が6ヶ月以上あるパスポートを用意すれば取得できるような電子ビザシステム (eVisa)が普及しており、手続きがどこからでも簡単にできるようになっています。オーストラリアは世界で一番ビザシステムの進んでいる国とされ、他の国もオーストラリアに習ってe-VISAシステムの導入を検討しているようです。

オーストラリア入国の詳しい情報は更新情報につきましては、下記をご参照ください。
 オーストラリア留学に必要なビザ オーストラリア大使館のビザ査証課ウェブサイト



  


主なオーストラリアの渡航ビザの種類

オーストラリアでは、2013年12月からビザ申請に "ImmiAccount(イミアカウント)" と呼ばれる個人登録システムが導入され、ETASと移民申請以外のビザ申請で利用されます。今まで ImmiAccountを作成したことのない学生ビザ/ワーキングホリデービザの申請者は、必ずImmiAccountを作成してからビザ申請を進めることになります。

ImmiAccountは、一度作ることで自分のビザ申請、申請料支払い、追加書類のアップロード、連絡先の変更などをマイページ内でまとめて行うことができます。また、Immigration(移民局)からの連絡(追加書類の提出請求、ビザ発給連絡など)も確認できるため大変便利です。

● ImmiAccount(個人用)作成ページ
https://online.immi.gov.au/lusc/register 



現在、オーストラリアのビザは申請方法・種類によって大きく2タイプ存在します。

1. インターネットによるeVisa
(ETA, e676 visa, eST visa, eWH visa 等):電子タイプで、ETA以外はビザ発給後、書面にて発給通知書を取得。渡航時に発給通知書の指示に従う。

eVisaは、入管でパスポートを見せても、入国が許可された際に入管の印鑑が押されません。あくまでもオンライン上で確認されますので、パスポートに入国都市名や日付も残らず、パスポートを見ても「オーストラリアに行った」という記録が記されないので、最初は「これで大丈夫?」と心配になるかもしれませんし、多少物足りないような気分が残るかもしれません。

2. シールタイプビザ(eVisa対象外ビザ、一時居住ビザ、永住ビザ等)
従来とおり、パスポートにビザが貼付される。


留学に必要なオーストラリアの渡航ビザ

1)短期留学(12週間以内の就学)の場合

電子入国許可(短期観光及び商用)【ETA - Erectronic Travel Authority】

オーストラリアに3ヶ月以内の短期観光または商用で渡航する場合には、ETAという電子ビザのシステム(ETAS)を利用して入国することができます。これはビザ査証課ウェブサイトで自分で申請することも可能です(20ドルの手数料)が、航空券を購入する旅行代理店で代行申請してもらうこともできますし(別途手数料がかかります)、ETA取得代行を請け負っている会社(お役立ちリンク集参考)に代行してもらうこともできます。ETAは発行後1年間なら何度でも出入国することができます。

このETAで3ヶ月(12週間)以内の就学も許可されていますので、3ヶ月以内の短期で語学学校やサマースクールなどに参加する際は、ETAを取得して行くといいでしょう。

また、日本国籍を有する者は、現地でETAから学生ビザに変更することが可能ですが、ビザに関しての規則は常時変更されていますので確認が必要ですし、2ヶ月以上の余裕を持ってビザ変更の準備をしたほうが無難です。オーストラリア大使館では、オーストラリア入国の最初から3ヶ月以上の就学を予定されている場合は、必ず学生ビザ(eST)を取得するよう指導されています。

3ヶ月を超える観光には別途観光ビザを申請することになります。ETAや観光ビザでは労働はもちろん、ボランティアもできませんのでご注意ください。


2)3ヶ月を超える長期留学の場合

学生ビザ 【eST】

フルタイムで3ヶ月を超えて政府認定の教育機関に留学する場合、そのコースの期間のビザが申請できます。学費の支払いが完了すると学校から"CoE"と呼ばれる入学許可証が発行されますので、クレジットカードを準備して学生ビザの申請を行います。入学日の4ヶ月前からオンライン申請ができますので、健康診断などにかかる時間も考慮して、余裕を持って申請しましょう。また、2008年4月26日より、別途申請しなくても週20時間の労働(学校休暇中はフルタイム労働)が可能になりました。

学生ビザで渡豪する際には、留学先の学校について十分な情報を集め、納得の上で入学申請をすることが大切ですが、2007年7月からは、『学生ビザ取得後12ヶ月以内(就学期間が12ヶ月以下の場合はその期間)の転校は(かなりの正当な理由や学校側の変更などがない限り)許可されない』という条件が撤廃されました。ですが、学校により転校の条件や違約金などある可能性もありますので、まずは学校へ転校が可能かを確認する必要があります。その上で、新しい学校の入学許可書などを用意し、移民局へ提出したり、ビザのサブクラスが変更になる場合には学生ビザを再申請したりする必要があります。


eSTは個人でインターネットを通してオーストラリア大使館に申請することができます。
  オーストラリア留学での学生ビザの申請 学生ビザオンライン申請



※ 親子留学の場合のガーディアンビザ&学生ビザについて ※

1)学生ビザ(お子様)+ガーディアンビザ(保護者)の場合
お子様が6才以上であれば学生ビザが申請できますので、17才以下のお子様と一緒に親子留学される保護者は「学生ガーディアンビザ(保護者ビザ)」を同時に申請します。このビザの主旨は、あくまでも『保護者がお子様をサポートする』ことですので、保護者の就学や就労に規制が設けられています。

学生ガーディアンビザの保護者さまは、週20時間までパートタイムの学生として、語学学校English Language Intensive Courses for Overseas Students (ELICOS)にて無制限に修学可能です。また、ELICOS以外のコースの場合、最長3ヶ月まで修学できます。 保護者はお子様の通学状況が落ち着いてから語学学校に通学していただくと現地生活がより充実すると思いますが、『就労は禁止』されていますのでご注意ください。

学生ガーディアンビザは、オンライン申請が出来ません。対象となる学生の学生ビザと、学生ガーディアンビザを同時に申請する場合は、両申請共に、在韓国オーストラリア大使館ビザ課への書類申請が推奨されています。準備する書類もかなり多く、細かな質問事項も多いため、準備時間を十分に考えておく必要があります。そのため、EIGOmateでは提携のビザ手配サポート会社をご案内しております。


2)学生ビザ(保護者)+学生ビザ保持者の扶養家族(お子様)の場合
保護者様がフルタイムで語学学校や大学などの政府認定の留学生を受入れるコース(CRICOSコードを持つコース)に通われる場合は、親が学生ビザを申請し、17才以下のお子様については「親の学生ビザの扶養家族」として同行することができます。その場合、 親は通常の学生ビザと同様、80%以上の出席率が必要となりますので、お子様がある程度手がかからなくなってからのほうが安心です。

お子様の学校行事や病気、怪我などを考慮して、お子様の留学サポートを中心にお考えの場合は「学生ガーディアンビザ」での渡航をお勧めします。



3)ワーキングホリデービザで4ヶ月以内の就学をする場合

ワーキングホリデー・ビザ 【eWH】  
ワーキングホリデービザは、18歳から30歳までの人が申請できます。(ビザの申請時に30才であれば、ビザの使い始め時に31才であってもかまいません。)

滞在期間は1年で、その間4ヶ月の就学・研修、および同一雇用主のもとでの6ヶ月以内の労働が許可されています。(2006年7月1日申請分から改正)

また、2005年11月1日より、以前にワーキングホリデービザでオーストラリアに滞在中、3ヵ月以上地域農業の季節労働に従事した人であれば、2度目のワーキングホリデービザを申請することができるようになりました。(2006年7月1日より、この「季節労働」についての定義が緩和されています。)

ワーキンブホリデービザ(eWH)は、オーストラリア大使館のサイトからインターネット上で申請できるようになっています。
  オーストラリア:ワーキングホリデービザ申請 ワーキングホリデービザ オンライン申請



  


留学以外のオーストラリア渡航ビザ

退職者ビザ
55歳以上で一定の資金と年金のある人が申請できます。夫婦の場合はどちらかが55歳以上ならOKです。申請が通れば当初4年間のビザが交付され、その後2年ごとに更新できます。

ブリッジング・ビザ
これはビザが下りるまでのつなぎビザのこと。新しいビザを申請して下りるまでに前のビザが切れてしまう場合、このビザを申請することで、合法的に滞在できます。


労働ビザ(ワーキングビザ)
オーストラリアで本格的に働きたい場合ですが、労働ビザにはいろいろな種類があり、申請条件もさまざまです。

・ 長期滞在ビジネスビザ
日本企業の駐在員として働くまたは、現地企業に雇用されて働く場合。企業がスポンサーとなってビザが申請できます。ビザが下りれば、家族にも同様のビザが発給されます。扶養家族で行かれる17才以下のお子様の学費は州によって優遇されるところがあります。

・技術独立ビザ(永住ビザ)
スポンサー企業がなくても、若くて技術や経験、英語力が充分であれば、申請できます。ただし、ここでいう技術とは、オーストラリア社会に貢献できる技術に限られていて、すべての評価はポイント制になっています。

・雇用主指名ビザ
オーストラリアの労働市場でまかなえない特殊な技能・資格を持ち、オーストラリア企業にスポンサーされれば、申請できます。

・事業移住ビザ
充分な経営能力があり、オーストラリアで事業を起こし、オーストラリア経済に貢献できる場合に申請できます。



外国人の長期ビザ取得に関しては、基本的にはオーストラリア人の労働市場を守るのがオーストラリア政府の大切な役割ですので、オーストラリア人にできる普通の職種でのビザ申請はなかなか難しいようです。逆に、寿司職人や美容師などは日本人の特殊技能として評価が高いので、チャンスが大きいと言われています。




  



▲オーストラリア渡航ビザTOP▲

 | EIGOmateについて | プライバシー保護について | 留学無料サポート条件書 | サイトマップ | EIGOmate留学HOME | 
Copyright(C) SEVENSEAS WORLD
 :: イギリス留学&オーストラリア留学のEIGOmate :: All rights reserved.
当サイトの内容を当社からの文章による承諾を得ずに複写、複製、転載することを禁じます。
オーストラリア留学 海外留学 イギリス留学 語学学校 イギリス留学 海外 オーストラリア留学 語学学校